印ろう接合

英語

Socket and spigot joint
Faucet joint

内容

差受接合または鉛コーキング接合ともいい、鋳鉄管の接合法の一種で鋳鉄管をソケット接合する方法である。
受口(ソケット)に差口(スピゴット)を差し込み、そのすきまにヤーン(麻)および紐を麻打ちたがねで受口の奥の方に十分打ち込む。
ヤーンは給水管の場合は受口深さの1/3、排水管の場合は2/3を充填する。
そして、次に溶鉛を流し込み、鉛が固化した後、たがねを用いてコーキングし水密を保つ方法。
現在ではあまり用いられなくなっている。
[[差受接合]]
[[鉛コーキング接合]]